お茶と海苔 金子園

金子園は東京・神奈川を中心に数十店舗。おいしいお茶と海苔に心をこめています

製品に関するお問合せ 株式会社金子園(本部)TEL 042-371-2001
お茶 海苔 お茶うけ コーヒー ギフト 店舗案内 ご来店でこんなにお得 おいしいお茶のいれ方

おいしい煎茶のいれ方

最もポピュラーで多く飲まれている煎茶。甘味、渋味のバランスが良く、爽やかな香りが特徴です。
4月下旬から5月上旬に摘まれる新茶は一番茶と呼ばれ、味・香りともに最も美味しいお茶として重宝されます。金子園の煎茶はほとんどが深蒸煎茶です。深蒸煎茶はお茶の葉をじっくり蒸してつくるため、茶葉は細かくなりますが深いコクとまろやかさが特徴です。
ここでは金子園の看板茶でもある「深蒸煎茶」のおいしい淹れ方をご紹介します。

こんな茶器を使うと一層おいしくいただけます
煎茶おすすめ茶器

深蒸煎茶は茶葉が細かいので目づまりしないように急須はアミ付き、または深蒸し用をお使い下さい。

湯を適温にする お湯の温度は約80℃
湯を適温にする

お湯は必ず一度沸騰させ、しばらく弱火にしてカルキを抜きポットに移します。茶碗(ここでは3人分)にお湯を8分目ほど入れて湯冷ましさせます。この作業でお湯の温度が下がり適温になります。

茶葉の量は、大さじに軽く1杯(約8g)
茶葉の量は大さじに軽く1杯

▲このくらいの量を1杯

大さじに軽く1杯の茶葉を急須に入れます。約3人分の目安ですが、ひとりで飲むときもほぼ同量をお使い下さい。

それぞれの茶碗から急須にお湯を静かに注ぐ
お湯を急須に移す

茶葉を入れた急須に適温にしたお湯をそそぎます。

そのまま待つこと30〜40秒
待つこと30〜40秒

最後の一滴まで注ぎきりましょう
最後の一滴まで注ぎきりましょう

複数の茶碗には均等に注ぎわけます。最後の一滴まで注ぎきりましょう。最後の一滴には旨みが凝縮されています。急須の中にお湯を残しておくと苦味が出て、2煎目からのお茶がおいしくいただくことができません。
※2煎目からは茶葉が一度開いているため、出が早いのでお湯を急須に移したら待たずにすぐに湯呑みに注いで下さい。

個人情報保護方針サイトマップ Copyright(C)Kanekoen Co.,Ltd.All Right Reserved.